アロマオイル 匂い 長時間持続 方法 玄関

スポンサーリンク

玄関で気を付けたい匂い

アロマオイル 匂い 長時間持続 方法 玄関

 

 

玄関は一時的に置いたものから、
外出時に履いてからそのまま放置している靴のにおいなど、
様々なにおいが充満しています。

 

自分で気づいているにおいだけでなく、
外から入って来た人が感じる
その家独特のにおいもあり、
快適に過ごすためには、
物理的な掃除だけでなく
においにも気を使いたいものです。

 

テレビのコマーシャルで
靴のにおいを感じさせない芳香剤も宣伝されていますが、
今回はアロマオイルを使用し、
その匂いを長時間持続させる方法についてご紹介いたします。

 

 

玄関でのアロマオイル活用方法

アロマオイル 匂い 長時間持続 方法 玄関

 

匂いを長時間持続させ、
気軽に玄関に置けるものとして、
リードディフューザー、
アロマストーン、スプレー、
また重曹パウダーを用いた方法がお勧めです。

 

リードディフューザーとは、
植物が水分を吸い上げる性質を利用したもので、
香りがする液体の入った瓶に木の棒や造花を挿し、
その棒が吸い上げた香りを気化させて香らせます。

 

最近では雑貨店やお花屋さんでも手に入れることができます。

 

リードディフューザー用のスティックのみ販売している店舗もあり、
お気に入りの空き瓶で作ることも可能です。

 

アロマストーンに好みのアロマオイルを数適垂らし
玄関に置いたり、
スプレーを作って気になる時に使うと良い香りが広がります。

 

こちらは手軽に実践できますが、
匂いを長時間持続させるという意味では、
リードディフューザーの方が量も多く常に気化しているため、
長持ちします。

 

アロマオイルを重曹パウダーに垂らし
小皿や空いたビンなどに入れ
玄関や下駄箱に入れるという活用方法もありますが、
こちらは小さな子供がいない方にお勧めの方法です。

 

リードディフューザーやアロマストーンを置く方法も、
小さな子供の手に届かないよう十分注意しましょう。

 

重曹パウダーを玄関にまき、
数分経ってから掃除機で吸い取ると
余計な匂いをカットでき、
その上でリードディフューザーやアロマストーンを使うと香りが映えます。

 

 

玄関まわりにお勧めのアロマオイル

 

玄関では、
靴に繁殖した雑菌などの匂いや、
一時的に置いたゴミの匂いなど、
複雑で独特な匂いがします。

 

また、
夏場になると虫が玄関から入ることもあるため、
虫が嫌う香りを置くのも虫の侵入を防ぐ方法の一つです。

 

お勧めの香りであっても、
香りの好みはメンタル面にも影響するため、
ご自身が良い香りだと感じるものを選ぶことが重要です。

 

揮発が速いアロマオイルばかりブレンドすると、
匂いの持続性は期待できないので、
柑橘系のアロマオイルでスッキリさせるだけでなく、葉や樹脂系のアロマオイルとブレンドさせることで、匂いを持続させることができます。

 

早めに匂いが広がるアロマオイル(揮発するのが速い)
 柑橘系(グレープフルーツ・レモン・ライム・オレンジスイートなど)
 ペパーミント

 

・靴の匂いにお勧めのアロマオイル(消臭・殺菌)
ティートゥリー・ヒノキ・ペパーミント・シダーウッドなど葉や樹脂系のアロマオイル

 

・虫除けにお勧めのアロマオイル
レモングラス・シトロネラ・ゼラニウム

 

 

アロマクラフトの作成

 

リードディフューザー
  空き瓶 
 スティック   4〜5本
 無水エタノール 90ml
 アロマオイル  合計180滴

 

スプレー
 スプレー容器
 無水エタノール 80ml
 精製水     20ml
 アロマオイル  合計15〜20滴
  無水エタノールにアロマオイルを混ぜ、精製水を加えて容器にうつす。
  使用時はいつも振ってから使用する。

 

重曹パウダー
重曹      45g
アロマオイル  合計4〜5滴

 

 

スポンサーリンク