匂い消し エタノールについて 消臭効果 殺菌

匂い消しのエタノールについて、消臭効果や殺菌は?

匂い消しのエタノールについて、消臭効果や殺菌は?

 

 

エタノールは

 

掃除や消毒、消臭など

 

幅広い場面で活躍します。

 

ポイントをつかめば万能アイテムである
エタノールについて、
更にその効果についてご案内します。

 

 

エタノールの種類

 

まずエタノールはアルコール含有濃度によって、
濃度が濃い順に、

 

・無水エタノール

 

・エタノール

 

・消毒用エタノール

 

の3つに分けられています。

 

 

無水エタノール

 

 

水を含まない純粋なエタノールで、
それ事態には
消臭効果、殺菌効果はありません。

 

この無水エタノールの殺菌効果は
弱いのですが、

 

手垢など洗浄能力が強いです。

 

揮発性が高い性質もあり、

 

水が使えない場所の掃除に使うことができ、

 

拭いた後の気になる

 

水滴跡が残らない

 

という性質も持っているため、

 

テレビやパソコンなど
デジタル機器の掃除で活躍します。

 

柔らかい布やペーパーなどに
無水エタノールを含ませて
拭き掃除をするか、
気になる場所に
無水エタノールのスプレーを吹きかけて
拭きとるだけで効果があります。

 

それだけではなく、

 

とれないシールの剥がし後にも使えます。

 

長年貼っていたシールを
剥がした後のベタベタした場所に使うと
頑固なベタつきでも解消することができます。

 

しかし、
ほぼ100%エタノールで濃度が濃いために
肌に直接触れると

 

肌が荒れてしまう可能性もあります。

 

肌に直接触れないように
注意して使用してください。

 

 

 

 

 

 

エタノール

 

無水エタノールの原液のままでは
消毒効果、除菌効果はありませんが、
アルコール含有濃度を

 

70%〜80%に薄めると消臭除菌効果がうまれます。

 

理想の割合は、

 

無水エタノール8に対して水2です。

 

洗浄効果は落ちてしまいますが、
掃除用ではなく
消臭や除菌を目的として
使用したい場合は
薄めてから使用してみてください。

 

 

 

 

消毒用エタノール

 

消毒用エタノールはその名の通り
最も消毒にむいたエタノールです。

 

消毒の効果が最も発揮されるのが

 

アルコール含有濃度80%前後ですので、

 

消毒用エタノールは
理想的なパーセンテージです。

 

更に、消臭効果や脱脂効果もあります。

 

台所周りで活躍する機会が多く、
まな板や冷蔵庫などの脱臭や、
肉料理などの後の脂汚れにもむいています。

 

ただし使用する際に注意するポイントは、

 

1.火に近づけない

 

エタノールには引火性があるので、
火に近づけないようにしてください。

 

2.直射日光を避けた場所に保存する

 

揮発性が高いため、

 

直射日光を避けて冷暗所に保管してください。

 

 

3.お子様の手が届かないところへ保管する

 

肌が荒れる可能性もあります。

 

お子様の手が届かないところへ保管し、
大人でも頻繁に使いすぎないようにしましょう。

 

の3つです。
この3つのポイントを守ってうまく活用しましょう。

 

 

 

最後に、

 

エタノールひとつあると、かなり便利です!

 

スプレーで用意しておいて、
食事後のテーブル拭きに使用しています。

 

ベタベタ感が消え、
キレイに拭き上げることが出来ます。

 

書いた後のホワイトボードや黒板の文字を
消すことも出来ます。
重宝すること間違いなしです!