線香 臭い 服につく 消す 取れない クリーニング

線香の臭いが服につく。消したいのにクリーニングしても取れない!

線香の臭いが服につく。

 

線香の臭いが好きな方もいますが、
毎日たくと衣服や部屋に臭いが染み付きます。

 

また、
お葬式に参列したりした後も
服に臭いが染み付いてしまいます。

 

今回は
クリーニングしても取れないような
線香の染み付いた臭いを取る方法を
5つご案内します。

 


線香 ほのか

1.スチームアイロンを使う方法

 

 

スチームの蒸気を臭いが気になる服にあてると
臭いを飛ばしてくれます。

 

スチームアイロンの蒸気を吹きかけたら、
少し湿ってしまうので
風通しの良い場所で陰干しをしてください。

 

そのままクローゼットに戻すと
カビなどの原因となってしまいます。

 

また普通のアイロンを使用する場合には
アイロンの温度に注意が必要です。

 

水で濡らしたタオルをよく絞り、
衣服の上に置いて、
その上からアイロンをかけてください。

 

この場合もアイロンをかけた後は
陰干しをするようにしてください。

 

 

2.ヘアドライヤーを使う方法

 

 

ヘアドライヤーの熱風を臭いが気になる服に当てると
臭いが蒸発します。

 

ただ、
熱によって縮んでしまう衣服などには注意が必要です。

 

霧吹きなどで服に水をふりかけて、
少し離してヘアドライヤーの熱風を当ててください。

 

 

 

 

 

3.脱臭剤を使う方法

 

臭いが気になる服が入るサイズのビニール袋を
用意してください。

 

ビニール袋の中に衣服と脱臭剤を入れて
口をきつく縛り、
1日放置しておくと臭いが消えます。

 

時間がかかる方法ですが試してみてください。

 

 

4.漂白剤を使う方法

 

ここで使用するのは酸素系漂白剤です。

 

出来れば粉末の酸素系漂白剤を
ぬるま湯に溶かします。

 

量の目安としては、
ぬるま湯500mlに対し
漂白剤を大さじ1程度加えたくらいです。

 

ぬるま湯に酸素系漂白剤を溶かしたものに
半日ほどつけ置きをしておくと、
臭いを軽減することができます。

 

 

 

5.重曹を使う方法

 

重曹をスプレーボトルに入れた重曹スプレーを作ります。

 

スプレーボトルを用意し、
ぬるま湯200mlに対して
重曹を小さじ2杯を入れて
振り混ぜると
重曹スプレーが完成です。

 

重曹が臭いを分解し、消臭をしてくれます。

 

また重曹は天然素材の為、体に無害です。

 

この重曹スプレーを作っておけば線香の臭いだけではなく、
さまざまな気になる臭いの消臭スプレーとして使用できるので
作っておくととても便利です。

 

 

 

6.植物性消臭液 ニオイノンノ

 

 

「どんな悪臭も元から絶つ!万能消臭液・純植物性消臭液」
松、椿、カタバミの植物エキスを原料とした植物由来100%の消臭液。
お子様やペットに安心して使えます。
線香の匂いにももちろん、他にも
キッチンの水回りの悪臭、トイレの臭い、通勤時の加齢臭、部屋のタバコ臭、ペットの臭い、クローゼットの汗・カビ臭、玄関の下駄箱臭、職場の職業臭、油、タバコ、体臭に効果があります。

 

 

使い方の例

 

@霧吹きにしましょう!
スプレー容器に水250ccとニオイノンノの原液を1cc入れて混ぜて使用
キッチン、ソファー、クローゼット。
そして、洗濯機に直接入れて、服の匂い消しにも使えます。

 

A加湿器に入れましょう!
無害の純植物性消臭液なので加湿器にいれればお部屋が消臭でき、
森林浴効果でリラックスできます。
赤ちゃん、ペットも平気です。

 

B水槽にも使えます!
水槽に1cc入れても魚も無害です。

 

 

私も使用しています。

 

万能に使えて、経済的にも優しいです。
すごく長持ちします。
35ccの商品でも100倍に薄めるので3500cc分!
なかなかの量です。
私は衣類の上着や布団やソファー、小物の掃除に重宝しています。
以前はアルコールと消臭スプレーを使用していましたがニオイノンノに変えました。
毎日使うので無害なのは大事なことだと思います。
臭いに即効性があるので嬉しいですね。
ただ、希釈後は早めに使い切ってください。

 

最後に、

 

日常的にお線香を焚かない家庭でも
必ずお線香をあげる機会はあります。

 

電気タイプの線香や、
自然素材のみで作られた
煙の少ない線香なども販売されています。

 

線香を半分に折って使うと
煙が出る時間も短くなるので、
ご自宅で線香をあげる場合には
臭いの対策をしてみてください。

 

 

 

 

 

お香専門店 香りのくぐり戸